うんとこしょ、どっこいしょ
と、引っ張るような大きさではありませんが...
チビ小、おいもほり遠足にて小ぶりのおいもを掘り起こす。
そしてお土産に持って帰ってきた『どろんこ おいも』
d0070641_2231162.jpg


さて、このおいも、どうやって食べようかと子供たちと相談。
焼き芋にする?おいもご飯?大学芋?
うーむ、どれも美味しそう...
ですが、チビ小「おいものケーキがいい!」と。
ならば、スイートポテトか?と考えたのですが、冷蔵庫にまたしても
賞味期限間近のヨーグルトがでーん!と。
これはもう、使うしかありません。

普段よく作るヨーグルトケーキを少しアレンジして
チーズ風味のおいもケーキに。
d0070641_22385784.jpg

一晩水切りしたヨーグルトがクリームチーズのような風味で
それでいて、クリームチーズほどのこってり感もなくあっさり。
おイモの味もしっかり感じられて、予想外に美味しかったのです。
手でつまんで食べられるようにと、板状(スティック?)にしたのですが、
見た目はまるで芋羊羹。
家族には「おすし屋さんの卵焼き?」なんて言われる始末。
見た目はどうあれ、売れ行き良好。
めでたしめでたし。
d0070641_22454086.jpg

そして例のごとく、ヨーグルトの水切りで残ったホエーはパンの仕込み水になりました。







レシピ追記です
-------------------------------------------------------------------
【お芋ケーキのレシピ】18cm×18cm のスクエア型

**材料**

A 卵黄(Lサイズ) 1個
A 砂糖       40g
A バター      60g
A 小麦粉     120g

B 水切りヨーグルト    220gくらい
  (一晩の水切りで500gのプレーンヨーグルトが220gくらいになります)
B 砂糖             50g
B 卵(Lサイズ)         2個
B レモン汁          1/2個分
B 茹でて潰したさつま芋  160gくらい
B 生クリーム         150cc
B 小麦粉            20g


**作り方**

オーブンを180度で余熱。
Aの材料をビニールの中に順に入れてよく混ぜる。

型にクッキングシートを敷き、混ぜたAの生地を底の部分に敷き詰める。
敷き詰めたら、フォークで数箇所に穴を開ける。

水切りしたヨーグルトと砂糖をすり混ぜ、更にときほぐした卵を2回くらいに分けて加える。

潰したさつま芋、レモン汁、生クリームをよく混ぜ、↑に加える。

よく混ざったら小麦粉を加えて混ぜ、型に流し込む。

オーブン下段に熱湯を入れ180度のオーブンで20分、
更に160度に温度を下げて20分、蒸し焼きにする。

焼時間は適宜、調整してください。

冷めたら冷蔵庫に入れて一晩寝かせたほうが美味しいですよ~。
-------------------------------------------------------------------
[PR]
by tam-gokochi | 2006-10-23 22:51 | 手作りsweets


<< 小休止 学校 >>