カテゴリ:旅( 15 )
Mt. Fuji
d0070641_0395620.jpg

[PR]
by tam-gokochi | 2008-02-13 00:40 |
だーるまさんが

                こーろんだっ!!   
d0070641_21324555.jpg
                                            しゅたっ!!

おかしなポーズにウケル私の背後では...
[PR]
by tam-gokochi | 2006-12-12 21:58 |
夏合宿 番外編
d0070641_22304093.jpg
夏合宿でお会いした方々にたくさんのお土産をいただきました。
皆さん、個々にお土産を用意してくださっていて...
ほんとにほんとにありがとう。
早々に食べつくし(笑)、そして大事に使わせていただいてます。



エタさん!このアーモンド、美味すぎです。
子供たちと奪い合って、あっという間に無くなりました。
やめられない、止まらない^^
d0070641_22305595.jpg


やめられない、止まらないといえば...
↓で書き忘れましたが、コニーさんの噂のポップコーンもメチャメチャ美味しかったです。
美味しすぎて、これまた『やめられない止まらない』これは危険(笑)
その美味しさのあまり、写真に収めるのをすっかり忘れてしまった私でした。
美味しい画像はコニーさんのところでご覧くださいませ...


(8月18日 記)
[PR]
by tam-gokochi | 2006-08-03 22:27 |
夏!合宿!!
d0070641_20192750.jpg
いつもよりも早い時間に目が覚めたこの日。母である私も夏休みに突入!
荷物の最終チェックをして、いざ新幹線へ。
いつもの帰省は『のぞみ』で一気に東京へ~なのだけど、今回はいつもと違うルートで実家へ向かうこととなりました。

乗り込んだのは『ひかり』。
いつもよりほんの少しゆっくりな新幹線。
途中でこだまに乗り換えてさらにゆっくり。

d0070641_20262082.jpgその後、在来線に乗り換えて、単線の線路を眺めながら目的地へ向かいます。

のんびり揺られる車窓から、小高い山々と緑の稲穂の水田の広がるのんびりとした景色とは裏腹に私の心は逸る逸る。

たどり着いた小さな駅で出迎えてくれたのは...
ずっとお会いしたいと思っていたお方...KITHさんです^^


駅でピックしてもらって、待ち合わせの場所まで。
人見知り~&口下手~な私でも、なぜかスッと入っていける不思議なお方。お噂どおりでした。

持ち合わせのファミレスに続々と集まる面々。
(遠路はるばるアメリカからコニーさんエタさん、クラフター&お助け隊隊長(隊長でいいんだよね^^)のビッちゃん、料理の達人ヒマワリさん)
わー、この方があの方で、あの方があの方で...たくさんの「はじめまして」にどうしたらいいものかと、オロオロと挙動不審な私。
実は先着のぶるうりーふちゃんも同じような状態だったとか(笑)


宿泊場所へ移動し、川へgo!
d0070641_2193259.jpg
自然の中で思いっきりはしゃぎまくる子供たち。
あっという間に仲良くなってました。うちのマイペースな娘チビ小は私から離れなかったような気がしないでもないが、その辺りよく覚えていない^^ゞ
川でひと暴れしたところで、日帰りのぶるうりーふちゃん一家とお別れ。残念ナリ...

日も落ちかけた頃、夕飯の準備に取り掛かりました。
お料理ブロガー、ヒマワリさんの指揮のもと、学生時代の合宿のような自炊スタート。
ヒマワリさんの手際のよさ、料理の一工夫に感心しつつ、カメラを構えてパチリ。
d0070641_21365795.jpg
こんな光景を撮っている私、お察しでしょうが炊事場でもオロオロ。
唯一したことといえば、ニンジン三本の皮を剥いたくらいでしょうか。
ヒマワリさんのお料理、とっても美味しかった~!!
シンプルなお料理でも、ほんの一工夫でグンと味が良くなるんだなぁ、とオロオロしつつもしっかりとその技を観察させていただきました。実践できるかどうかは別として。(努力します(笑))d0070641_21525531.jpg

ビッちゃん方式(笑)
ちっちゃいけれどヒマさんのお料理を堪能する子供たち。
食事中も賑やかだったね~。
唐揚げが大好評でした。
d0070641_21471577.jpg


そして夜は更けて行き、子供たちは夢の中。
大人たちは飲んで話して...ここでもヒマさんお手製のお酒をいただきました。
レモンチェッロ。これが口あたりが良くてスイスイ飲めてしまうので危険(笑)
四方山話に花が咲き、人気ブロガーの皆さんの日々のアクセス数(桁が違う!)に驚いたり、ビッちゃんの不思議体験の話を聞いたりしながら時は過ぎ、気づけば午前4時。
楽しかった夜(+朝)に幕を下ろしたのでした...

d0070641_22292732.jpg
翌朝には、またしても美味しいお手製品、トマトとレモンのジャム。
これ、食べてみたかったんです!
トマトをジャムにという発想自体が私の頭にはなかったので、名前を聞いただけでどんな味なんだろうとワクワク。
トマトの風味にレモンが爽やかでさっぱり。
たっぷりとパンにつけて...うまーーーい!
ガッツリといただいちゃいました。

遊・食・楽 の1泊2日の夏合宿。
じつは参加しようかしないか、かなり悩んでいたのです。
皆さんにお会いしたいという気持ちは強いものの、やっぱり大勢の人との『はじめまして』はとても緊張~~~。
どうしよう、どうしよう、とフラフラしていたところ、某お方に「めったにないチャンスだよ~」と背中を押してもらってエイヤッと飛び込んでみたのです。
結果、私も子供たちもとても楽しい時間を過ごすことができ、夏休み最初の最高に素敵な思い出ができました。
感謝、感謝です。

d0070641_1074633.jpg


すでに記事にしているぶるうりーふちゃんビッちゃんにTBします。
かぶっている写真、文章多し^^ゞ
自分の文章力の無さを身に染みて感じます...どうしたら上手くまとめられるんだろう...
それもセンスの一つよね...


(8月17日 記)
[PR]
by tam-gokochi | 2006-08-02 22:55 |
海・紀州
d0070641_2029429.jpg

夏休み前、梅雨真っ只中の紀州旅行(7/1~2)
向かう道中ではものすごい土砂降りに遭い、半ば海水浴は諦めていました。
が、到着するや「早く海に飛び込みたい!」と思うほどの太陽が顔を出してくれたのです。
やっぱり、普段の行いがいいから?(笑)

この浜は、この辺りでは有名な観光名所で白くきれいな砂と澄んだ碧い海が売りの海水浴場。
トップシーズンともなると『イモ洗い』状態で、全く行く気も薄れてしまうのだけど、この時期はまだ人もまばらで快適なのです。
とはいえ、天気は良くとも海水はまだちょっと冷たくて、胸まで入るのにはためらいが...
ところがチビ二人、さすがはこども。
水の冷たさなんてへっちゃらで、ずんずんと沖まで進んでしまう。
そんなチビたちを見ていると、潮騒におののき「ピーピー」鳴いていた少し前のチビたちの姿が懐かしく、それがなぜか遠い昔のことのように感じるのでした。

海のない土地で育った私には、海というのは特別な存在で、海のある街に住むのは憧れでした。
縁あって数年過ごした海のある田舎町。
暮らすには多少の不便があったものの、やっぱりこの景色に勝るものはないのかなぁ、と改めて感じた二日間でした。

そして、癒しの申し子たち
[PR]
by tam-gokochi | 2006-07-10 21:05 |